本文へスキップ
北海道・大樹町 新築からリフォーム、農業施設のご相談は(株)高橋工務店へ

電話でのお問い合わせは01558-6-3807

〒089-2131 北海道広尾郡大樹町松山町8番地26

家 づ く りreal estate

自然の原理を利用するパッシブシステム工法

NPO法人パッシブシステム研究会と北海道大学、道立北方建築総合研究所にて共同開発されたパッシブ換気システムは、機械も電気も使わずに屋外と室内の温度差を利用して換気する、人にも住まいにも環境にもやさしい、画期的な換気システムです。床下暖房を併用して全室の暖房と換気を同時に行う方法が一般的です。スイッチやフィルター、ダクトがないため、メンテナンスが基本的に不要。家が存在する限り24時間、自然に換気し続けます。

パッシブ換気の住まいは、快適生活と健康な住まいを提案します

パッシブ換気  パッシブ換気システムは暖房に使われたエネルギーで換気を行うもので、地中埋設管を通し新鮮な外気を床下に取り入れ、床下に設置された暖房機で暖められた新鮮空気は家中をやわらかく暖房します。
家中くまなく循環した空気はVOCやハウスダストと共にやがて汚染空気として2階天井から屋外に排出されます。地中埋設管を通過する新鮮空気は冬は地中の熱で暖められ、夏は逆に冷やされると共に床下出口の温度センサーで流量制御され、室内排出口では湿度センサーで保湿制御されます。
このように自然エネルギーと暖房エネルギーを利用することで、省エネで安全なエコロジー住宅として皆様に信頼されております。

パッシブ換気住宅の構造上の必要条件

@床下吸気であること

A室内に、空気の上昇・下降のための間仕切り壁と床ガラリがあること

パッシブ換気を実現するために必要な住宅性能

@隙間相当面積(C値) 1.0以下

A熱損失係数(Q値)  1.6以下

パッシブシステムの最大の利点

パッシブ換気

パッシブ換気による換気の流れ

自然換気の流れ

パッシブシステムの自然換気システムは、空気の流れは従来の横の流れから縦の流れに変化します。これは床からの熱を持って換気させるためであり、前述のデッドゾーンを回避させ、よどみを発生させない換気システムとなるのです。これが自然換気システムの大きな特徴のひとつとなっております。


結露の防止

24時間家中くまなく一定の温度で暖められ、円滑に空気が循環するため、快適空間が保たれます。

春の爽やかさ

足元から温められるこのシステムは、台所や脱衣場、トイレなども快適空間として楽しむことが出来ます。

VOCの取組

空気が下から上に流れるシステムのため、空気より重いフルムアルデビドなども滞留することがなく、常に安全な室内環境を確保します。

家中クリーンで健康的

アレルゲンでもあるダニやカビの発生が抑えられると共に、こうした効果が期待できるのはパッシブ換気システムだけの特性です。

省エネルギー

高気密、高断熱の床下暖房システム住宅は地中の熱と暖房エネルギーの再採用で、高度なエネルギー利用を実現しております

丈夫で長持ち

パッシブ換気の住まいは、その効果を発揮するために数々の新技術が取り入れられ地震や台風にも丈夫で土台や床下が乾燥する構造のため、シロアリやなみだだけによる被害や腐敗の心配が全くなく安心してお住まいいただけます。

一覧へ戻る