建築

家族が一年中快適で安心してくつろげる家を、家族構成や生活のスタイルに合わせて 提案させて頂きます。
既存のプランの中から選んだり、組み合わせたりする家づくりではない個別設計。 効率を優先するのではなく人の手と心で造り込めた丁寧な家づくりを追求します。
戸建住宅の他に、マンション・商業施設・公共事業など、幅広くものづくりを手がけてきたからこそ、 培った技術力と経験をもって、お客様の様々なご要望に対応して参ります。

明るいダイニング

家ができるまでの流れ

場所・面積・日照などを把握して土地を探します。
建物プランには、その土地の法令規制などの調査が必要です。
土地の個性を最大限に活かす空間、生活動線、趣味、などなどお伺いし ご要望に合わせたプランを一緒につくりあげます。
細部までプランを検討し、外観、間取り、設備、仕様などを打ち合わせのうえ
住まい手の理想の暮らしを実現する設計図をつくり上げます。そこから、実施見積をいたします。
計画している建物が法的規制に適合しているか行政庁または指定の検査機関で確認申請の審査を行います。
お客様に充分にご確認いただいたうえで、建築工事請負契約を締結させていただきます。
地鎮祭→基礎工事→土台敷き→上棟→屋根工事→外部工事
造作・内装・設備工事→完了検査→完成
工事完了後、図面上と実際の建物との相違がないか、建物の構造、敷地などがきちんと法令に適合しているかなど検査を受けます。
検査が無事通り、検査済書が発行されてはじめて、その家に住むことができます。
新居の完成状態をご確認いただき、各設備の使用方法、注意点をご一緒に説明させていただきます。
万が一の雨漏りなど、瑕疵に関することは10年間無償で対応させていただきます。
お引渡し後もお付き合いを宜しくお願いいたします。

自然の力を利用するパッシブ換気システム

暖かい空気が上に昇る性質を利用した機械に頼らない換気の方法です。

新鮮な外の空気が床下に給気され、床下に設置した暖房機で暖められた新鮮な空気が 家の中をやわらかく換気します。室内を循環し終えた空気は、住宅の屋根などに設置された排気筒から排気されます。
ここで、大切な事は住宅の断熱・気密性能を徹底的に図ることで、温度むらの少ない暖房環境が実現します。
気密化を徹底することで、換気の入口と出口が明確になり換気通路などをコントロールできるようになります。

換気
電気に頼らない換気システム

電気に頼らない換気システム

自然の力を動力としているので、電気代がかからず停電時も留守の時も常に換気が行われます。
機械換気に比べフィルター掃除の必要もなく、維持費用が極めて少なくなり、 機械を使用しないので、送風騒音が静かな特徴があります。

あったかもかのか

床下暖房で快適さが向上

床下暖房により建物全体が一定に保たれているので、家の中はどこでも自然な暖かさに包まれます。
床下が常に乾燥状態のため、構造体が乾燥するため、建物の耐久性が向上します。 床下に入った空気を床下の暖房機であたため、1階の床などに設置してあるガラリから暖かく新鮮な空気として室内に供給します。

ポイント

空気中のほこりや有害部室を外へ追い出す

自然の力でゆるやかに空気を取り入れているので、空気中の細かなほこりやホルムアルデヒドなどの有害物質は外へ。
不快な気流感や乾燥感もなく、小さな子供から老人まで優しい環境です。


在来軸組工法

日本の風土に合わせて発展し、長年の実績を誇る伝統工法です。

法隆寺の五重の塔や歴史あるお寺や神社などでも採用され、 日本の四季を快適に過ごすかを考えた先人の知恵と工夫がつまった工法です。
柱と梁を組み上げて家の骨格を形作り、さらに筋交いや補強金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めます。
安心して暮らせるやさしい家はここから生まれます。

在来軸組工法
間取

間取が自由

木材の長さや組み合わせ方次第で柔軟な設計が可能で、お客様の想いを 家の隅々にまでしっかりと取り入れ自由な空間づくりを提案させて頂きます。
土地の形状に合わせやすいため狭小地や変形地でも敷地を有効活用できます。
また、柱と梁で構造を支えているため壁を抜きやすく、 大空間が広がる開放的な間取りや大きな窓を設置しやすいのはこの工法です。

リフォーム

将来の間取り変更や増築がしやすい

間取りの自由度が高いということは、建築後の増改築・リノベーションにも対応が比較的しやすいですです。 骨組みがベースになるこの工法は、壁を抜いて部屋をつなげたり、壁を設けて部屋数を増やしたりするのにも 適しています。長く住み続けることができます。

木

木のぬくもりが感じられる

在来軸組工法は木材を使っているので、梁や柱を見せて仕上げることで、木のぬくもりや存在感が引き立つ空間づくりができます。
木の持つ調湿効果や癒し効果も自然に取り入れることができます。


地盤調査

建物を建設する前には地盤状況や性状を正しく把握することが必要になります。
当社で建てられる住宅は、JIS規格で定められたスウェーデン式サウンディング試験法に基づき 地盤調査を実施しています。
お客様が安心して暮らしていただける住宅をご提供します。

地盤調査の様子
安心

安心して暮らせる住まい

弱い地盤で家が傾いてしまっては安心して暮らすことができません。
地盤調査は第三者の検査会社によって行います。
調査の結果に従いその土地に適合した地盤改良の有無を判断し、最適な基礎施工をご提案しています。